ドブを這うような貧乏生活で借りたお金

東京の大学で苦学生をしていた頃、ドブを這うような貧乏生活を送っていた。

周りの学生のようにカフェでランチをせず、毎日腹持ちのいいうどんやおにぎりなどを持参して食べていた。

ディズニーランドや旅行にも行く余裕がなかったため、図書館で借りた道中記を読みふけっていた。

そんな日々を過ごしていたあるとき、実家から父が入院することになったと電話があった。

検査入院とのことで病状に大したことはないようだった。

週末、正月ぶりに夜行バスで実家に帰った。

みすぼらしい格好をしては心配させてしまうと思い、持っている洋服の中で一番キレイなものを着て行った。

食べたことのない東京土産も買って行った。

父は少し痩せていたが、久しぶりに再会する私に悪態をつくほどに元気だった。

入院費の話になり、私ほどではないものの両親も大変だなと思いながら聞いていた。

数日後東京に戻り、銀行に給与を下ろしに行ったときに、覚えのないお金が振り込まれていた。

実家に連絡すると、入院中の父が十万円振り込んでくれたとのことだった。

自分も楽をしていないのにと断ったが、父は「あげたわけではないから、いつか返してくれ」とだけ言った。

私は、父に借りたお金でその日の夕飯を少し贅沢した。

翌日のアルバイトに気合いたっぷりで出迎えるように。

父からのお金は結局ほとんど使わずに返済したが、往復の夜行バスのチケット代は貰うことにした。

借りやすい,消費者金融,審査,甘い,通過しやすいをお求めの方はこちらからどうぞ

当サイトに掲載の商品はアフィリエイトプログラムを導入して掲載商品の紹介に務めております。掲載商品の詳細情報は公式サイトにてお確かめ下さい。

Copyright(c) 2013 一番借りやすい消費者金融 審査が甘い通過しやすいのはココ! All Rights Reserved.